見出し画像

【2023年度】WEMEX ブランドアワードを初開催!

ご覧いただきありがとうございます!
WEMEX(ウィーメックス株式会社) 人事担当です。

当社は、社員全員が同じ方向を目指して進むために、リーダーを中心に、WEMEXの行動指針となるパーパス・バリューを策定しました。
また、2023年度は、「バリュー浸透プロジェクト」と題して、全100チーム、8ブロック制に分かれ、全チームに推進リーダーを任命してバリュー浸透を推進してきました。

そして、1年間の集大成として代表チームの取り組み内容を賞賛する場、
「WEMEX ブランドアワード」を初開催しました。
今回は、ブランドアワードの意義、取り組み、当日の様子についてお伝えします。

ぜひ、ご覧ください💡


ー ブランドアワードとは

ブランドアワードは、当社が策定したパーパス・バリューの浸透を促進するためのイベントです。パーパス・バリューは、社員一人ひとりの行動や意識に影響を与える重要な概念ですが、単に伝えるだけでは浸透が難しいこともあります。そこで、ブランドアワードを通じて、パーパス・バリューに基づいた行動を賞賛し、全社員に共感と理解を広める場として開催されました。

ブランドアワードの目的は、次の2つです。

1.従業員のパーパス・バリューへの理解と共感を高める
すべての社員がパーパス・バリューを実践し、そこで得られる成果を共有することで理解が広がり、全社的な共感を促進します。

2.パーパス・バリューに基づいた行動を賞賛する文化を作る
優れた行動や成果を示したチームや個人を表彰します。これにより、社員たちが自分たちの努力と成果を認識し、仲間と共に成長していくことを奨励します。

ースケジュール

当日は、次のように進行しました。

1.開会挨拶
2.代表チームのプレゼンテーション
3.全体レクリエーション
4.結果発表・表彰式
5.表彰チームから一言
6.経営リーダー陣のメッセージ
7.閉会挨拶

ープレゼンテーション・表彰式

代表チームのプレゼンテーション後、社員投票と経営リーダーによる協議をおこない、その結果をもとに、金賞、銀賞、銅賞が発表されました。

社内で開催して和やかな雰囲気でした☺

 金賞:名古屋中営業所

名古屋中営業所は、パーパス・バリューを深く理解し体現するために、日々の業務でどのように実現できるかを考えながら、若手を中心にバリュー浸透活動を推進しました。若手を主体とした活動は、今後も積極的に進めていく予定とのことです。意気込みが感じられますね!
取組み発表資料より

**代表取締役社長 高橋からのコメント**
名古屋中営業所は、営業所内で初めての「はてな(疑問)」を克服し、パーパス・バリューを行動に落とし込むことで見事に成果をあげましたね。
継続的な取り組みと反省会を通じて、常に前進し続ける姿勢が評価されたのだと感じます。また、厳しい数字目標にも挑み、四半期の目標を達成するなど、バリュー浸透活動が営業成果にも結びついたことが大きなポイントです。来期も期待しています!

銀賞:九州中四国カスタマーセンター

各チームがそれぞれの行動宣言を掲げて活動を開始しました。行動目標と活動内容を共有し、メンバーの希望に基づき活動しました。各チームで業務効率化を進め、チャットの放棄率が半減。挑戦×進化チームはアンケートで課題を洗い出し、解決策を考えました。誠実×情熱チームではFAQの利用促進でアクセス数が4.6倍、利用ユーザー数が6.3倍に増加。活動によって得られた成果を実感し、今後もバリューの活動を継続していくという意気込みがメンバーから感じられました。
取組み発表資料より

** デジタルヘルス/ウェルネス事業部事業部長 池田からのコメント**
九州中四国カスタマーセンターは、バリュー浸透活動を通じて、業務の効率化やカスタマーサービスの向上に取り組まれたと感じます。
特に、カスタマーサービスの精神を超えて、より高いレベルのサービスを目指す姿勢が素晴らしいです。定量的なアプローチにチャレンジし、チーム全体で一丸となって活動したことが評価されましたね。今後も頑張ってください!

銅賞:インサイドセールス課

インサイドセールス課は、営業戦略に基づき、メールや電話、オンラインなどを駆使して案件を獲得し、フィールドセールスへの接続を担当します。2023年10月から2024年1月までの活動では、オンラインデモでの質問対応を一律化し、FAQを作成しました。また、電話でのキラーフレーズを用いるなど、若手メンバーでもベテランと同等の対話ができるよう取り組みました。
取組み発表資料より

**ヘルスケアIT副事業部長 鈴木からのコメント**
インサイドセールス課は若いチームで、バリュー活動において、学びを共有し、効果的なフレーズや戦略を用いてチームの価値を高める努力が目立ったと感じてます。個々の知識やアイデアを結集し、組織全体のパフォーマンスを向上させる取り組みは、とても素晴らしいと思いました。この度は本当におめでとうございます!

ー 各代表チームの取組み

他のチームも模範となる活動を促進してきました。
活動概要を紹介いたします!

●医科開発1課
在宅勤務によるコミュニケーションの課題を解決するため、チャットを活用して効率化を図りました。開発部では、ルールに則った活動を重視し、ペアで協力しながら情報を共有しました。その結果、効率的なコミュニケーションにより、自発的な行動や問い合わせへの対応が改善され、業務効率が向上しました。
●HRマネジメント室
3つの価値を掲げた活動概要が紹介されました。
誠実×情熱では「なりたい自分宣言書」を共有し、挑戦×進化ではオンラインツールを用いて互いを褒め合いました。先駆×共創では、6回のワークショップを通じてゴールを決定し、戦略人事を目指しました。
●西日本管理課
2023年10月に、名古屋、大阪、福岡でバリューのワークショップを開催し、社員の下期目標にバリューを一つ追加しました。11月には、毎週水曜日にメルマガを配信し、パーパス・バリューをわかりやすく解説しました。
1月にはバリューの浸透度をアンケートで確認し、浸透度80%と良好な結果を得ました。
●近畿カスタマーサービスセンター
バリューの意識を促すため、月ごとのテーマに基づいた小テストを実施しました。結果をミーティングで共有し、改善策も話し合いました。
2023年11月からはチャットで毎日バリューを一つ宣言し、業務終了時に結果と感想を共有する取り組みを開始。12月には意識が高まり、2024年1月には個人レポートを作成してフィードバックを行い、前向きな結果が得られました。
●首都圏甲信越カスタマーサービスセンター
各月ごとにそれぞれのテーマに沿った活動を行いました。2023年10月は迅速な回答と統一されたFAQを作成し、顧客満足度を向上。11月はグループチャットでの情報共有を通じて、応答率90%以上を達成しました。12月はお互いの音声を確認し、良い点と悪い点を共有することで、100%の顧客満足を目指しました。2024年1月はお客様の安心をテーマに、よくある質問への対策を強化しました。チャットを活用したコミュニケーションにより、チームの団結力も強化されました。

ー今後の取り組み

ブランドアワードは、パーパス・バリューの浸透を促進するための、重要な取り組みです。2024年度からは、ウィーメックス ヘルスケアシステムズ株式会社も加わり、より多くの社員がブランドアワードに積極的に参加することが期待されています。これにより、新しいアイデアや取り組みがさらに多く生まれていくと感じています。

また、ブランドアワードは、単に競い合う場ではなく、全社員が共に学び、成長していくための場です。他のチームのプレゼンテーションから学び、自分たちのプロジェクトに活かすことで、全社的な成長を促進します。

今後も、ブランドアワードを通じて、パーパス・バリューの浸透を推進していきます。社員一人ひとりが、WEMEXのパーパス・バリューを自分自身の行動に取り入れ、共に成長していく未来を目指してまいります。



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!