見出し画像

部門紹介 部長リレー!🏃💨 調達マーチャンダイジング部編

ご覧いただきありがとうございます!
WEMEX(ウィーメックス株式会社) note担当です。

当社は医事コンピューターや電子カルテシステムの他に、薬局経営のサポートや特定保健指導の支援、遠隔医療システムなどを提供しています。 国内の「医療DX」を推進するヘルスケア IT製品・サービスを通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率化に取り組んでいます。

組織は様々な部門で構成されており、各部門がそれぞれのミッションや役割を担い、医療関係者の課題解決に加え、その先にいる人々のWell-beingに挑戦しています。

そこで今回は、それぞれの部門が担うミッションや役割を、
「部長リレー!」と題して、各部長より約3分で読める部門紹介をお届けします!

今回は、調達マーチャンダイジング部の紹介です。ぜひ、ご覧ください💡


― 自己紹介

< 執筆者 >
ウィーメックス株式会社
調達マーチャンダイジング部 部長  永井 靖人
大学院で化学を専攻後、新卒で大手精密機器メーカーへ入社。
当時は開発希望でしたが、”調達”との運命的な出会いを果たし、現在まで調達畑を歩んでいます。前職では、鉄鋼・樹脂のグローバル集中調達、全社調達カテゴリ戦略部門にて従事しました。
2021年にPHC株式会社に入社し、調達マーチャンダイジング部門にて商品化から仕入を統括しております。現在は、それらに加えて、ビジネスオペレーション部の部門長としてSCM(サプライチェーンマネジメント)全域を統括しています。

― 部門ミッション

調達マーチャンダイジング部は、商品及びサービス、業務委託等のリソースの外部調達を管轄する部門です。お客様である医療機関の皆さまにご使用いただくハードウェア商品において、商品企画から商品選定、価格設定、需給調整、仕入までを一気通貫で進めています。一般的な調達部門では、決められた仕様の商品を調達するのに対し、当社は上流工程から一気通貫で商品購入まで管轄することで、ハードウェア商品のビジネスモデルと商品化の強化、および保守サービス変革まで幅広く取り組みを進めています。

調達マーチャンダイジング部は、電子カルテシステムの標準化をはじめ、医療DXをより多くの医療機関様に普及させるために、2つのミッションを担っています。

1.より良いモノ・サービスを良い価格でお客様に提供するために、従来の枠組みに囚われず、仕入先とサービスを市場開拓し、サプライチェーン改革を推進する

2.外部仕入を管轄する仕入先様との窓口として、仕入先様からの協力関係を構築しコスト最適化にむけた協業を進める

コロナ禍以降のモノ不足やインフレ影響と目まぐるしく調達環境が変化していますが、「何にどれだけのコストがかかっていて、どこを削減できそうか」を仕入先様と一緒になりながら探求し、コスト削減できるかが大きなチャレンジです。

また、2023年10月にはウィーメックス ヘルスケアシステムズ株式会社がウィーメックスの子会社としてPHCグループに加わりました。調達マーチャンダイジング部門においても、双方一丸となった一体運営を早期に実現し、オペレーションの効率化を進めてまいります。

― メンバー構成

調達マーチャンダイジング部は3つの課で構成されています。
商品企画・マスタ管理を担うマーチャンダイジング企画管理課、外部仕入商品の調達を担う直接材戦略調達課、社内経費や投資に対するソーシングを担う間接材戦略ソーシング課と、非常に広範な業務領域を総勢14名でカバーする少数精鋭部隊です。
また、様々な考えやバックグラウンドを持つ人が意見し合うからこそ、新しいことが生み出せる!と私は信じており、プロパー社員だけでなく、私を含め様々な業界からの転職者や、国籍・性別・年齢・働く場所などにとらわれないダイバーシティに富んだチームを作り上げてきました。
そして、一人ひとりが課題を認識し、プロ意識をもって自らのキャリアアップを図ろうとしています。働く場所がそれぞれ異なり、なかなか一か所に集まることが難しい環境ではあるものの、全員がコミュニケーションを密にとりながら業務に邁進しております!

ご覧いただきありがとうございます!
次回は、「営業戦略部」を紹介いたします。お楽しみに!

https://note.com/wemex/n/n3f824c77b135


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!