見出し画像

部門紹介 部長リレー!🏃💨 健康経営ソリューション部編

ご覧いただきありがとうございます!
WEMEX(ウィーメックス株式会社) note担当です。

当社は医事コンピューターや電子カルテシステムの他に、薬局経営のサポートや特定保健指導の支援、遠隔医療システムなどを提供しています。 国内の「医療DX」を推進するヘルスケア IT製品・サービスを通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率化に取り組んでいます。

組織は様々な部門で構成されており、各部門がそれぞれのミッションや役割を担い、医療関係者の課題解決に加え、その先にいる人々のWell-beingに挑戦しています。

そこで今回は、それぞれの部門が担うミッションや役割を、
「部長リレー!」と題して、各部長より約3分で読める部門紹介をお届けします!

今回は、健康経営ソリューション部の紹介です。ぜひ、ご覧ください💡


― 自己紹介

< 執筆者 >
ウィーメックス株式会社
健康経営ソリューション部 部長  上田 怜史
新卒で商社にて建材を取扱い、設計事務所や大手建設会社への提案活動に従事した後、外資メディア、ITメガベンチャーで企画営業職を経て、設立間もないベンチャー企業に転職しました。必要なことに全力で取り組む環境の中で、さまざまな業務を経験してきた結果、最終的には代表を務める機会をいただくことができました。
WEMEXではデータを利活用した新規事業開発、特定保健指導、健康経営を支援する事業を推進しています。

― 部門ミッション

健康経営ソリューション部は、健康経営に関わるソリューションを企画・開発・販売する部門です。

一言で健康経営と言っても幅広い領域がありますが、現時点では、事業主、保険者、特定保健指導機関および健診機関に対して、特定保健指導事業とメンタルヘルス事業にフォーカスして事業展開を行っています。

特定保健指導事業においては、2008年の特定保健指導制度の開始に合わせ、利用者の業務効率改善および指導成果につなげるシステム「WellsPort Step」の提供を開始し、2023年度は、利用者様を通じて、10万名超(*1)の特定保健指導をサポートできるシステムにまで成長しました。
(*1)2023年4月~2023年12月実績

また、2023年6月には特定保健指導事業者であるオクタウェル社(*2)と資本業務提携を行い、当社が提携する健診機関にて、健診当日に、初回面接を行うことができる特定保健指導プログラムを対応できるようになりました。
(*2)プレスリリース参照:ウィーメックス株式会社と株式会社オクタウェルが資本業務提携を実施(2023年7月4日)

さらに、メンタルヘルス事業において、2023年12月にストレスチェックシステムを販売開始し、今後はメンタルに関わる二次予防と三次予防につなげるサービスも展開していく予定です。

健康経営ソリューション部は、WEMEXのパーパスを実現するため、生活者の心身に貢献し、私達だからこそできる付加価値の高いサービス・システムの提供を目指しています。

― メンバー構成

健康経営ソリューション部は、特定保健指導支援システム課と特定保健指導課と事業開発課の3つのグループで構成されており、30年以上のベテラン社員や業界経験者もいますが、製薬業界、IT業界、金融業界、広告業界など様々なバックグラウンドの人材が活躍している部署です。
多種多様な人材が集まっているものの、メンバー全員が、人の役に立ちたい、健康に貢献したいという同じ思いを持っています。そういう環境だからこそ、コミュニケーションが活発で、お互いに助け合う姿勢が強い部署だと感じています。

また、健康経営ソリューション部では健康、予防医療に携わる身として、
健康促進と社員交流を目的に、任意で年に1度ゆるめのマラソン大会に出場しています!(添付写真参照)

みんなでバトンを繋ぐマラソンリレーに参加しました
健康経営ソリューション部・健康検診部/合同キックオフ


ご覧いただきありがとうございます!
次回は、「健康検診部」を紹介いたします。お楽しみに!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!