見出し画像

部門紹介 部長リレー!🏃💨 健康検診部編

ご覧いただきありがとうございます!
WEMEX(ウィーメックス株式会社) note担当です。

当社は医事コンピューターや電子カルテシステムの他に、薬局経営のサポートや特定保健指導の支援、遠隔医療システムなどを提供しています。 国内の「医療DX」を推進するヘルスケア IT製品・サービスを通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率化に取り組んでいます。

組織は様々な部門で構成されており、各部門がそれぞれのミッションや役割を担い、医療関係者の課題解決に加え、その先にいる人々のWell-beingに挑戦しています。

そこで今回は、それぞれの部門が担うミッションや役割を、
「部長リレー!」と題して、各部長より約3分で読める部門紹介をお届けします!

今回は、健康検診部の紹介です。ぜひ、ご覧ください💡


― 自己紹介

< 執筆者 >
ウィーメックス株式会社
健康検診部 部長  末次 晋
大学を卒業後、外資系製薬会社、消費財メーカーにおいて営業、営業企画、マーケティング、組織開発、システムサポートを経験し、2022年にPHC株式会社に入社。健康経営ソリューション部の前身であるウェルネス推進部の部門長を担い、2024年4月より健康検診部の部門長として健康診断事務代行事業の拡大に向けたビジネストランスフォーメーションを推進。

― 部門ミッション

健康検診部の主なミッションは、大きく3つあります。

1.健康診断事務代行領域の市場の変化に応じて、ソリューション、サービスの企画・開発

2.健保組合、事業主に対して、既存及び新規サービスを総合的に提案、販売し、売上拡大及び収益改善

3.抜本的な業務改革を行うことで、コスト削減及び事業拡大に向けた環境を構築

主力サービスである健康診断事務代行サービスは、健康保険組合の業務負担を軽減することを目的に、全国各地の健康保険組合へサービスを提供しております。また、全国各地で健康診断を受診いただけるように、全国の健診機関様との提携も並行して構築しております。

健康診断は、各健康保険組合によって従業員に提供する内容が異なり、ニーズも多岐にわたります。そのため、健康保険組合ごとにサービスをカスタマイズし、最適なソリューション提供を行っております
その結果、ご導入いただいた健康保険組合には高い評価をいただいており、我々のサービスの強みはこの部分にあると認識しています。

企業の人的資本開示や健康経営の推進により、従業員に対する健康増進の取り組みや意識が日々変化しております。そのような変化に対応できるよう、今後もリソースの強化や市場の変化に適したソリューションの企画、開発をおこないます。

また、健康診断事務代行事業を通じて、より多くの人の健康の維持・改善に貢献できるよう努めてまいります。

― メンバー構成

健康検診部は、営業課・事業管理課・オペレーション課の3つの課で構成されています。
営業課は、新規顧客の開拓や、既存顧客の支援を担います。事業管理課は、部全体の収益管理、健診機関との連携、各種横断的なプロジェクトの推進を行います。オペレーション課は、顧客データをもとに、パートナー企業と協業して、サービスを提供します。
また、部の共通課題を解決するために、複雑な業務フローやタスクをワークアウトで可視化し、共通課題の認識をもち、業務効率化を日々研鑽しています。

ワークアウトの様子
健康検診部・健康経営ソリューション部/合同キックオフ

ご覧いただきありがとうございます!
次回は、「ビジネスオペレーション部」を紹介いたします。お楽しみに!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!