見出し画像

はじめまして、WEMEXです!

皆さんはじめまして。WEMEX(ウィーメックス)広報担当です。この度、noteを始めることにしました。
 
私たちはBtoB企業ということもあり、皆さんと直接関わる機会はそう多くはないかと思います。ということで、初回のnoteでは、私たちのことを知っていただけるよう、少し紹介させてください。
 
WEMEXとは?
我々WEMEXは、グローバルヘルスケア企業として事業を展開するPHCホールディングス株式会社の事業子会社で、今年4月に新しく生まれた企業です。
 
人々のWell-being(心身の健康)の実現を目指し、PHCホールディングス株式会社傘下のPHC株式会社メディコム事業部とPHCメディコム株式会社、株式会社LSIメディエンスの健康診断サポート事業を統合し、2023年4月1日に新会社・WEMEXとして始動しました。
 
WEMEXのヘルスケアIT事業は、1972年に日本初となる医事コンピューターを発売して以来、医療機関・薬局などのIT化をサポートしてきました。
WEMEXでは、医事コンピューターおよび診療所向け電子カルテシステムの「Medicom」ブランド製品を引き続き販売していくほか、PHCグループ(PHCホールディングスとその事業子会社の総称)が成長領域として掲げる「デジタルヘルスソリューション」を展開し、国内医療のさらなる効率化や健康経営事業の強化に取り組んでいきます。
 
WEMEXが大切にしていること
WEMEXという社名は、心身の健康を意味するWell-beingの頭文字「WE」と、今後も取り組み続けていく領域であるMedical(医療)の頭文字「ME」、そして、この二つをかけ合わせる文字「X」を組み合わせて作られています。
 
そして、社名へ思いを込めると共に、WEMEXとして目指す先である「パーパス」と「バリュー」を掲げました。
 
パーパスは「一人ひとりの心身を探求し、誰もが自分らしい幸せを手にできる社会を創り出す」。これまでに培った医療ITの知見を活かし、医療領域における課題解決に取り組んでいきます。

そしてバリューは「先駆×共創」「挑戦×進化」「誠実×情熱」。前半部分はPHCグループとして既に大切にしていること、後半部分はこれからWEMEXとして取り組んでいきたいことであり、それを掛け合わせた6つを“バリュー”としました。歴史あるPHCグループを基盤に、医療IT領域のパイオニアとして、医療DXの推進に挑んでいきます。
 

WEMEXは生まれたばかりの企業ではありますが、PHCグループとして培ってきた経験と実績を強みとします。そして、それらの強みを生かしながら日本の医療業界に新たな風を吹かせられるよう、挑戦し続けていきたいと思っています!
 
noteで発信することになったきっかけ
医療のIT分野で事業を展開するWEMEXは、医療機関や患者様に対して、当社の活動内容や目標について、より明確に伝えることが必要だと考えています。
 
会社として何をしているか、今後どのようにしていきたいか、取り組んでいる理由など、WEMEXのチャレンジについて、noteを通して知っていただけると嬉しいです。
 
noteで今後発信していく予定のコンテンツ
noteでは、皆さまに“WEMEXの思い”や“目指す先”を感じていただけるような情報発信を目指していきたいと思っています。
 
・WEMEXとはどのような会社か
 WEMEXがどのような会社なのか、これまでの歴史や製品・サービスの紹介
 
・パートナーズコンベンションのレポート
 取引代理店やパートナーとの活動紹介

・代表取締役社長の大塚×事業部長対談
 代表取締役社長・大塚と各事業部長によるバリューについての対談
 
・エバンジェリスト対談 part1・2
 エバンジェリストたちが、課のバリューやそれを浸透させるための活動について話し合う対談 第1弾・第2弾
 (「エバンジェリスト」とは、一般的には伝道師のことを言います。当プロジェクトでは、バリュー浸透をリードする社員のことを指しています。)
 
・代表取締役社長の大塚×エバンジェリスト 2023年振り返り
 代表取締役社長の大塚とエバンジェリスト達による2023年の活動についての対談
 
・ブランドアワード実施報告レポート
 優れたパフォーマンスを示した社員に対して与えられる賞「ブランドアワード」の様子を発信
 
これからどうぞよろしくお願いします。ぜひお気軽にフォローしてくださいね!



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!