見出し画像

WHS 部門紹介 経営企画本部

ご覧いただきありがとうございます!
WEMEX(ウィーメックス株式会社) note担当です。

当社は医事コンピューターや電子カルテシステムの他に、薬局経営のサポートや特定保健指導の支援、遠隔医療システムなどを提供しています。
国内の「医療DX」を推進するヘルスケア IT製品・サービスを通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率化に取り組んでいます。

2023年10月には、ウィーメックス ヘルケアシステムズ株式会社(以下、WHS)がPHCグループに加わりました。
WEMEXとWHSの協業により、付加価値の高い製品ラインアップの開発を加速し、患者体験の更なる向上を目指します。

今回は、新たにグループに加わったWHSの部門紹介ついてお届けします💡各部門が担う役割やともに働く仲間について、各部門長より紹介します!
今回は、経営企画本部の紹介です。


― 自己紹介

< 執筆者 >
ウィーメックス ヘルスケアシステムズ株式会社(WHS)
経営企画本部 本部長 清水 康一郎 
新卒で医療機器メーカーに入社。以来、一貫してコーポレート業務に従事。上場準備室から職歴をスタートし、上場実務、IR・広報業務を経験。その後、経営企画部門にて事業計画、事業戦略に携わる。富士フイルムグループへの事業譲渡後は、広報・ブランド管理・展示会・デザイン部門を担当。
2023年にWHSの前身となる富士フイルムヘルスケアシステムズ株式会社に入社し、WEMEXへの事業譲渡を推進。
現在は経営企画本部長として、経営企画部門(会社全体運営や事業計画の策定)、資材グループ、情報システムグループを統括。

― 部門ミッション

経営企画本部は、全社経営方針および事業計画の策定、浸透、進捗に責任を持ち、会社全体の成長に向けた取り組みを推進することを部門ミッションとしています。

これを達成するために、経営企画本部の経営企画部・資材グループ・情報システムグループの各部門は、それぞれ重要な取り組みを推進しています。

まず、経営企画部は、全社経営方針および事業計画の策定・浸透・進捗の推進と、事業成長を実現するための全社会議体の運営および変革施策の推進に取り組んでいます。特に、全社横断的なプロジェクトにはPMO(Project Management Office)として参加し、円滑なプロジェクト推進と目標達成に向けた部門間連携の推進を行っています。

次に、資材グループでは、会社調達方針の策定および直接材・間接材の仕入れに関する業務の実行・施策を推進し、また、直接材・間接材のコスト低減とガバナンス強化の推進を行っています。
PHCグループ内の調達部門と連携して、為替影響による部材価格高騰に対処するなど、事業利益の最大化に貢献すべく活動しています。

最後に、情報システムグループでは、会社IT方針の策定および情報セキュリティ・個人情報保護等を統括し、推進をリードするとともに、社内ネットワーク/社内業務システムの構築・維持・管理に取り組んでいます。特に、PHCグループ内でのITインフラやシステムの最適化の動きに合わせることやPマークの維持・更新などは、会社の事業運営上重要な業務であると意識して日々活動しています。

経営計画本部は、会社の事業運営を継続するための重要な業務を部門ミッションとしており、それらの業務を遂行することで会社の成長に貢献できるように努めています。

― メンバー構成

経営企画本部のメンバーは、経営企画・調達・情報システムと係る業務範囲が多岐にわたり、個性豊かなメンバーが多く、それぞれが専門性を活かして業務を推進しています。
また、業務範囲が広いことで、多方面から相談を受けたり、お互いの業務をサポートすることで新たな気付きを得たり、各メンバーが本部内の横連携を密にしながら、日々成長し続けています。

本部内では、部門の年次方針の共有や全社プロジェクト等を通じて、部門横断活動・各部門の週次定例会などを開催しています。
積極的な情報共有や意見交換により、円滑な業務遂行と会社成長への貢献を目指しています。

ここまでご覧いただきありがとうございます!
次回は、WHS「品質保証部」をご紹介します!ぜひご覧ください💡

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!