見出し画像

部門紹介 部長リレー!🏃💨 遠隔医療ソリューション部編

ご覧いただきありがとうございます!
WEMEX(ウィーメックス株式会社) note担当です。

当社は医事コンピューターや電子カルテシステムの他に、薬局経営のサポートや特定保健指導の支援、遠隔医療システムなどを提供しています。 国内の「医療DX」を推進するヘルスケア IT製品・サービスを通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率化に取り組んでいます。

組織は様々な部門で構成されており、各部門がそれぞれのミッションや役割を担い、医療関係者の課題解決に加え、その先にいる人々のWell-beingに挑戦しています。

そこで今回は、それぞれの部門が担うミッションや役割を、
「部長リレー!」と題して、各部長より約3分で読める部門紹介をお届けします!

今回は、遠隔医療ソリューション部の紹介です。ぜひ、ご覧ください💡


― 自己紹介

< 執筆者 >
ウィーメックス株式会社
遠隔医療ソリューション部 部長  小暮 武男
これまで、HR(新卒採用即戦力化、メンタルヘルスサポート)、ロボティクス(業務用ロボット)、生活家電(空気清浄機、掃除ロボット)など、様々な領域における新規事業開発を経験。プロジェクトの立上げから、事業戦略立案、運営、管理、事業パートナ選定、営業・販売体制構築、組織化など、自らの起業経験も含む、事業の0→1、1→10フェーズを推進。医療業界未経験ながら、2021年にPHC株式会社に入社し、遠隔医療事業の立ち上げに参画。現在はWEMEX遠隔医療ソリューション部の部長として従事。

― 部門ミッション

遠隔医療ソリューション部は、
「あらゆる現場で、いつでも簡単につながる安心を」をコンセプトに2021年12月より事業をスタートし、「チーム医療をサポートする、リモート操作可能な遠隔医療システム」を提供しております。

日本の医療提供環境における課題は多く存在しており、具体的には、医師の地域偏在や一部診療科における医師不足が発生しており、更に、2024年4月より「医師の働き方改革」が開始されたことに伴い、勤務医の労働時間が一般労働者と同程度の960時間に制限されています。そのような中で、診療の質を下げずに、医療リソースを最適化することが喫緊の課題とされており、この課題解決の方法・手段として、「タスクシフト・シェア」「チーム医療・チームケア」「地域医療連携」などが有効であると言われています。

遠隔医療ソリューション部は、前述の方法・手段を実現するために、遠隔医療システムを、医療現場(救急、災害、周産期、新生児、へき地、在宅など)や各医療機関に導入・活用頂くことで、日本の医療提供の課題を改善し、向上させていくことをミッションとしております。

― メンバー構成

遠隔医療ソリューション部は、事業企画(事業戦略・計画、予算管理など)、営業企画(営業戦略、施策立案・推進、代理店育成、医療政策、営業支援全般など)、セールス(全国6エリアに分担)、プロダクト(製品認証・検証、製品企画、エラー解析・修理など)の4チーム15名で構成されております。

また、事業開発において非常に重要な要素となるマーケティング部、オペレーション部と強く連携をしながら事業を推進しております。

「3ヶ月=1年」というスピード感、個ではなく「チーム」、今を良しとせず、「改善」「効率化」「体系化」などを意識しているメンバーが揃っており、ONE teamの意識が非常に高いメンバーです。

社内のどこにいても賑やかで、仲が良いのが私達、遠隔医療ソリューション部です。

遠隔医療ソリューション部/ワークアウトの様子

ご覧いただきありがとうございます!
次回は、「健康経営ソリューション部」を紹介いたします。お楽しみに!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!