見出し画像

WHS 部門紹介 人事総務部

ご覧いただきありがとうございます!
WEMEX(ウィーメックス株式会社) note担当です。

当社は医事コンピューターや電子カルテシステムの他に、薬局経営のサポートや特定保健指導の支援、遠隔医療システムなどを提供しています。
国内の「医療DX」を推進するヘルスケア IT製品・サービスを通じて、患者さんへの医療サービス向上と医療従事者の業務効率化に取り組んでいます。

2023年10月には、ウィーメックス ヘルケアシステムズ株式会社(以下、WHS)がPHCグループに加わりました。
WEMEXとWHSの協業により、付加価値の高い製品ラインアップの開発を加速し、患者体験の更なる向上を目指します。

今回は、新たにグループに加わったWHSの部門紹介についてお届けします💡 各部門が担う役割やともに働く仲間について、各部門長より紹介します!

今回は、人事総務部の紹介です。


― 自己紹介

< 執筆者 >
ウィーメックス ヘルスケアシステムズ株式会社(WHS)
人事総務部 部長  高畑 正徳
1985年に日立製作所入社後、半導体製造部門、家電製造部門、営業部門、海外(ドイツ、香港、中国:通算13年)を経て、人事・総務・経理業務を担当。2021年3月に富士フイルムヘルスケアに転籍し、引き続き人事・総務業務を担当し、2023年10月にWHSへ転籍となり、人事・総務業務を管掌。

― 部門ミッション

人事総務部は、WEMEX人事総務部や関連部署との連携を図りながら、WHSとしての組織編成、人財配置、採用、教育、処遇、労働安全衛生、労働環境整備、会議運営など、会社経営の屋台骨を支える業務を行っています。

従業員の関係(繋がり)は、入社前(会社紹介や面接)から始まり、在職中を経て退職後(年金支給等)まで続くことになります。人事総務部としての大きなミッションの一つは、事業に貢献する人財を採用、育成し、成長実感に繋げることです。

WEMEXとの一体化運営のあり方を探るべく、合同ワークショップ・会議の開催、出向者の受入、差出、教育施策他の合同実施、目黒本社での会議開催、拠点の同床化(統合)等を通じて、WEMEXと積極的に交流しております。

様々な施策・機会が結果として、一人ひとりの従業員の成長実感に繋がることを目指し、人事総務部としても支援をしていきたいと考えています。2024年6月現在の課題としては、WEMEX人事総務部との連携による、大阪・広島・福岡の拠点統合の実施(旧支店の現状回復含む)、業務改善・バリュー浸透活動の定着化への対応、各種人事総務施策の一体運営・実施、TSA(移行時業務委託契約)の円滑な離脱等が挙げられます。

上記のような課題の解決をはじめ、私たち人事総務部のメンバーはビジネス(ライフ)パートナーとして、従業員に寄り添う存在を目指してまいります。

― メンバー構成

部長以下のメンバーは、2チーム8名で構成されております。
人事系業務を担当するチームと総務系業務を担当するチームに分かれています。

2023年10月時点で人事総務部門が移籍側と残置側に分かれましたが、WHSとして新たなスタートを切った当初から、暫くの間は以前同様の業務を遂行しながら、メンバーは高い緊張感を持って仕事を進めていく日々が続きました。しかし、WEMEX人事総務部の温かくも強力なサポートもあり、当初の目的であったスタンドアローン化を果たすことが出来ました。

今後は、引き続きWEMEX人事総務部や他部署とも連携し、従来行っていた業務の質の向上と新規業務へのチャレンジも積極的に行っていきたいと考えています。

ウィーメックス出向者の歓迎会より

ご覧いただきありがとうございます!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!